« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

東日本巨大地震 1~2日目

大変お久しぶりです、きょんです。

 

3月5日から念願のイチゴ狩り始めましたheart04

 

何の告知も宣伝もなく、突然ひっそりと始めたので、

お客さんとかくるわけないよね~catface

というスタートだったのですが、

幸いにも飛び込みの団体さんが入ってくれたので、

幸先のよいスタートを切ることができましたhappy02

 

「来週末はチラシを打とう!お客さんをいっぱい呼ぼう!」

というわけで、

週末に向けて完熟のイチゴをたくさん生らせる為に

市場への出荷も減らして調整して週末を迎えました

 

金曜日、昼で農場をあがって自宅に帰り、

急いでチラシを作り夕方の帰宅時間を狙って

駅前で頑張ってチラシを配布

チラシ作りが間に合わなかったら

ちょっと奮発して新聞に折込を入れてもらおう

なんて考えていたんですが・・・

 

午前中、直売所に来てくれたお客さんが予想外に多かったので、

結局昼ごはんをくいっぱぐれてしまい、

農場に残ってパック詰めしつつ接客していて地震に遭いました

 

気が付けば停電sweat01

冷凍庫には大量の通販向け冷凍イチゴが保管してあったので、

とりあえずプチプチを冷凍庫本体に巻きつけて保冷sign01

天気予報は翌朝が氷点下・・・

暖房がこのまま動かなければダメージを受けてしまうimpact

更に明日も電気が来なかったら

ポンプで潅水しているうちのイチゴは枯れてしまうところでしたが、

なんとか22時近くになって農場の電気が復旧flair

そのまま農場に泊まりましたsleepy

 

翌日、農場の電気関係の点検を行って、

とりあえず一旦自宅の様子を見に行くと、

農場と違い自宅はまだ停電中でした。

 

家の中はめちゃくちゃになっていて、

もし、当日予定通り自宅に私と娘だけで帰宅していたら

怪我くらいはしていたことでしょう・・・

本当に家にいなくてよかったweep

 

農場に戻ると近所の常連さんが来てくれていました。

どこにも食べる物が売っていない、

ここなら食べ物は手に入ると思って来た・・・と。

 

どうせ売り物になるイチゴではないので、

食べる物が手に入らないなら今日くらいは配っちゃおう!

というわけで、配り始めたんですが・・・

その場のノリで無料イチゴ狩りになりましたbleah

 

「家の中にいると余震で怖くてねぇ、ありがとうね」

みんな心細かったんですね(私もです)。

たくさんの人が集まって、井戸端会議場と化していた農場。

食べるよりもしゃべる方がみんなにとって重要だったんだと思います。

人の集まれる場所を提供できたことが何より嬉しかった一日でした。

きょん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »